2015年の「宅建」の試験10月18日(予定)です。
maxresdefault
引用:http://i.ytimg.com/
毎年10月の第三日曜日に行われる宅建の試験ですが、
「勉強するのだるい~」
「あとでいいや・・・」
なんて、途中でモチベーションが下がってしまう人も多いのでは?

私も経験があるのですが、最初は「よしやるぞ!」と思っていても、
だんだんモチベーションが下がってきて中だるみしてしまう・・・
結果、試験に間に合わなかった、なんてこともあるのではないでしょうか?

今回は、宅建の試験にらくらく合格する勉強法として、
高速回転」という勉強法をご紹介します。

高速回転の方法は、
とにかく大量に読んで回転させる
ことを目的としています。

速読法と似ているような感じですが、ポイントは「繰り返し同じところを読む」こと。
言葉で伝えるより見てもらったほうが早いので、さっそく動画を見てみましょう!

<スポンサードリンク>

高速回転とは?


youtube高速回転を教えてくれている 宇都出雅巳(うつでまさみ)さん。
「なんか楽に覚えられる方法ないかな~」と思っていたら出会った動画です。
1冊を10分で読める速読法を習いたいな~と思っていたところだったので、youtubeでこの方法を知ることができたのはラッキーでした。

高速大量回転という読み方は今まで知らなかったのですが、動画を見てみたら
なるほど、わかりやすくて簡単な手法です。

「大量に読んで、繰り返し同じページを回転させる」方法です。

宇都出さんの公式ブログはこちら
だれでもできる!速読勉強術

前編・後編もあるのでぜひ見てみてくださいね。

高速大量回転では、宅建の過去問題集の選び方もあります。

宅建の過去問題集の選び方・読み方(高速大量回転ではどう読むか?)

今までの過去問の解き方とはちょっと違ってびっくりしたかと思います。
私は本は綺麗にとっておく方だったので(後で気づいたらそれが失敗の原因だとわかったのですが)
とにかく「合格」に目を向けるなら、
過去問を破こうが教科書にいくら書き込みをしようが、
「自分がわかればいい」のです。

この方法のすごいところは、
「要点だけをまとめて覚える」ところ。

宅建の試験はほとんどが「過去問の焼き回し」、
そして「教科書に書いてあることしか出ない」ので、
正解は一つなわけです。

高速回転パート2

<宅建の過去問を高速大量回転していくとこうなります(試験本番当日朝の状態)>

余計な言い回しに惑わされずに、
「正しいものはどれか?」「誤っているものはどれか?」
「問題の要点はどこなのか?」
「何を問われているのか?」
を知ることができれば、
複雑な問題も一発で解けると思います。

ただし、高速回転だからといって、
「何度も見れば自然に覚えるんだ!」などという
「魔法の方法」ではないので、
やはり過去問はしっかり理解して解く、ということが必要です。

要は「自分が覚えているか?問題が解けるのか?」が重要なので、
「どんな勉強法をしたか?」ではありません。

形だけの勉強法ではないので、
自分が「どこまで覚えたか?解けるのか?」が非常に重要になってきます。

宇都出さんの出版本はこちら!
合格(ウカ)る思考/すばる舎

なるほど! 合格勉強術/実務教育出版

「1分スピード記憶」勉強法/三笠書房

高速回転法を使って、絶対に宅建の試験に合格しましょう!

ほかの講師の先生の動画はこちら

miyazakisan
引用:https://www.youtube.com
宅建合格には「宅建みやざき塾」!【動画】

lectakkengoukaku
引用:https://www.youtube.com
宅建合格には「スーパー合格講座」【動画】

宅建の塾の講師、「宮嵜晋也」さんと、合格のLECの「水野建」さんが
独学者を応援するために作っている動画です。

・試験によく出てくる出題範囲
・押さえておきたいポイント、または勉強しなくてもいいポイント
・モチベーションの高め方

など、受験者にはかなり励みになる動画だと思います。

また、これから独学で勉強を始めようという方におすすめの教科書、
勉強法の本はこちら!
宅建合格に役立つ教材(独学編)

・らくらく宅建塾
・らくらく漫画宅建塾
・本気で学ぶ LECで合格る DS宅地建物取引主任者(DS/PSPゲーム)

などです。

宅建の本試験はほとんどが過去問の焼き回しです。
おすすめの過去問を使って本試験をらくらくクリアしちゃいましょう!
宅建過去問、おすすめなのは?

さらに、「脳を活かす勉強法」で合格する!
脳科学者:茂木健一郎先生の本はこちら

宅建合格に役立つ教材(独学編)

学年ビリだった茂木先生が学年トップになれた
勉強法、実体験をつづった本です。

試験合格には「脳」の使い方を考えなければなりません。
受験勉強に慣れている学生さんならともかく、
社会人になって勉強とは離れていたという方に対しても、
この本はオススメです。

周りの誘惑を振り切って勉強に集中する
つるの恩返し勉強法
や、
制限時間内を決めて勉強する
タイムプレッシャー
など、
脳科学者ならではの観点から見た
勉強法を詳しく紹介されています。

これから宅建の試験を受ける方はぜひ参考にしてみてくださいね!

<スポンサードリンク>

(Visited 4,359 times, 1 visits today)