宅建みやざき塾 独学者応援! 借地借家法~契約期間の比較~
syakutisyakkahou2
引用:https://www.youtube.com
宅建受験生には大切な得点源である「借地借家法

借地借家法は、
・借地契約
・借家契約
の2つに別れます。

宅建試験でよく問われるのは、この2つの違いなのですが、
教科書を見てもなかなかわからない、という方は、
この動画にわかりやすく説明されていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
では、さっそく見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

借地借家法~契約期間の比較~

借地借家法は、
「借地」
「借家」の2つの比較に分けられます。

土地を借りる時の契約・・・借地
家を借りる時の契約・・・借家

になっているんですね。

おすすめの教科書はこちら
宅建合格に役立つ教材(独学編)

過去問はこちら
宅建過去問、おすすめなのは?

数字や内容が多いので一見難しそうに見えますが、
一度慣れると簡単です。

また、借地契約で少し特殊な
・譲渡特約付き借地権
・定期借地権
・事業用定期借地権

というのがありますが、
これも特徴を押さえれば簡単です。

しかも、宅建の本試験にはそんなに出てこないので、
(出てきても1問中の問題に含まれる程度)
さらっと覚えておいて、ほかの重要な部分を覚える時間に当てたほうがいいでしょう。

この法律を勉強していると、
「家を借りるときはこんなふうに定められているのか!」と
感動することがあります。
これも法律を勉強したことならではの感動ですね。

今まで普通に暮らしていたら知らなかったことばかりです。
特に、家を買う・借りるなどの大きな買い物のときは、
世の中の物件はこんなふうに取引されているんだなということがわかり、
不動産の契約にも動じないようになりました。
そういった点でも、宅建の勉強をしていてよかったなぁと思います。

宅建みやざき塾 独学者応援! 借地借家法~対抗要件の比較~

こちらも合わせて見てみるといいですね。

<スポンサードリンク>

まとめ

宅建の試験において、「借地借家法」は得点源になる
大事な部分です。

最初は少し難しいと思いますが、慣れてしまえば確実に2点は取れる分野ですので、
しっかりと勉強しましょう。

独学者におすすめの動画はここにもあります
宅建勉強ならこれ!宅建みやざき塾【動画】

本気(マジ)で学ぶLECで合格(うか)る DS宅地建物取引主任者
でおなじみの水野建さんの動画はこちら!
宅建合格には「スーパー合格講座」【動画】

自宅でひとりで学習している受験生にとっては心強い味方ですね。
この動画をiphoneやipodに入れておけば、受験の中だるみがおこりやすい時期にも聞き流すだけで学習できます。

もちろん教科書や過去問でしっかり本番の試験に備えることは大事ですが、自宅で学習している人にとって
「ここは勉強しなくていいところ」を見極めることはかなり大事だと思います。
試験に出ない余計なところばかりを一生懸命勉強しても、本番の試験には通用しませんからね。

宅建の試験で大事なのは「試験に合格すること」であって、
「一生懸命勉強すること」ではありません。

まず、1に試験合格、それから興味があれば、引き続き勉強していけばいいわけです。
試験に合格してからでも法律の勉強をしたい方はそのままつづけていってもいいわけですからね。

でも、宅建の試験は泣いても笑っても1年に1度きりです。
この10月の第3日曜日を逃したら、あとはまた来年までの長い道のりが始まります。

そんなことは嫌でしょう?

「あれだけ勉強したのに!」と悔しい思いをしないためにも、「試験に出るところ・出ないところ」を
しっかりと割り切って勉強しましょう!

それから、宅建の裏技的勉強法として、「高速大量回転」というのがあります。
maxresdefault
引用:https://www.youtube.com
宅建の過去問を「高速大量回転」で読む!合格する勉強法!【動画】
過去問題集の要点だけをまとめて何度も繰り返し読み込んでいく
「高速大量回転」。
速読と似たような勉強法ですが、ポイントは「繰り返し同じところを読み込んでいく」ところです。

言葉で伝えるよりも見てもらったほうが早いので、詳しくは動画をご覧になってみてください。

過去問や教科書を綺麗にとっておいて、勉強している人には衝撃の勉強法だと思います。

この方法のすごいところは、「要点だけをまとめて覚える」ところです。

宅建の試験はほとんどが「過去問の焼き回し」なので、
過去問の重要な問題、言葉だけをピックアップしていきます。

高速回転だからといって、
「何度も見れば自然に覚えるんだ!」などという
「魔法の方法」ではないのですが、

余計な言い回しに惑わされずに、
「正しいものはどれか?」「誤っているものはどれか?」
「問題の要点はどこなのか?」
「何を問われているのか?」を知ることができれば、
複雑な問題も一発で解けると思います。

おすすめの勉強法・モチベーションを上げてくれる本はこちら
「高速大量回転」宇都出(うつで)さんの出版本
合格(ウカ)る思考/すばる舎

脳を活かす勉強法」で合格する!
脳科学者:茂木健一郎先生の本

宅建合格に役立つ教材(独学編)

学年ビリだった茂木先生が学年トップになれた
勉強法、実体験をつづった本です。

試験合格には「脳」の使い方を考えなければなりません。
受験勉強に慣れている学生さんならともかく、
社会人になって勉強とは離れていたという方に対しても、
この本はオススメです。

目で見て、耳で聞いて覚えられる動画や、
勉強のプロたちの本を見て、頑張って絶対に宅建に合格しましょう!

<スポンサードリンク>

(Visited 2,623 times, 1 visits today)