2015年から「宅建士」に名称が変わった宅建の試験。
jyuuyoujikou
引用:https://www.youtube.com/watch?v=BvLtTH_QmlI
毎年20万人が受験する人気の国家資格です。
前回は、「宅建の試験勉強に建築基準法・都市計画法【動画】」を紹介しましたが、
今回は、
27年用法改正対応・重説と37条書面・過去問も連結解説」を
ご紹介します。

重要事項説明(重説)と、37条書面は
20問出題される「宅建業法」の中でも重要な問題です。

今回はその動画を見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

27年用法改正対応・重説と37条書面・過去問も連結解説

前回も紹介した
「jitumuhogaku(実務法学)」さんの動画。

宅建士・法改正対応で重要事項説明と37条書面を完全解説・合わせて19・22~26­年の過去問21問を連結解説これで今年の同パートの準備は万全。
<メルマガ・宅建一発合格エンジン>
27年度試験向け配信中(無料)。
関連過去問も解説するインプットアウトプットの両面完璧ツール。

引用:https://www.youtube.com

宅建業法において
重要事項説明」はかなり重要です。
毎年2問は必ず出てくるこの重要事項説明、
しっかり理解してどんな問題が出ても解けるようにしましょう。

平成27年(2015年)の法改正にも対応しているので、
わかりやすいですよね。

37条書面は1問程度ですので、要点だけを押さえておけば
簡単です。
35条書面、37条書面は内容がかなり多いので、それに惑わされないようにしてくださいね。
要点を押さえるためにはこちらの「宅建みやざき塾」の動画が参考になります。

覚えるところを少なくまとめてくれているので簡単ですよね♪
ところが、これだけで問題が解けるというわけではないので、やはりしっかりと
「過去問」を勉強しましょう。
宅建過去問、おすすめなのは?

教科書や単語帳でいくら覚えたとしても、
本番の試験に対応できる「過去問」を解かないことには始まりません。

特に、宅建の試験は「引っ掛け問題」が多いですから、
本試験で「こんな問題といたことない!」なんて青ざめてしまわないように、
しっかりと過去問を解いておきましょう。

宅建業法の問題は「20問」とかなりの得点源になります。
本試験50問中20問も得点できるのですから、
絶対に見逃す手はありません!
宅建の出題範囲と得点は?【画像】

<スポンサードリンク>

こちらの動画勉強法も参考にしてみてくださいね。
宅建業法とは?勉強に役立つ動画は?【動画】

とはいえ、宅建の試験は1年に1度しかありません。
「動画を見るだけで覚えられるんだから楽でいいや♪」なんて甘く考えていると、
本試験に対応できなくて結局落ちてしまった、
なんてことになりかねません。

そんな魔法のような方法はないので、
やはりしっかりと教科書と過去問を勉強しましょう。
宅建合格に役立つ教材(独学編)

宅建過去問、おすすめなのは?

宅建の合格率が低いからといって諦めてしまう方も多いようですが、
実際に試験を受けるのは「あなた」だけです。
あなたが、試験に合格すれば、周りの落第者たちは関係ありません。
宅建2014の合格率は低かったのか?【画像】
これと同じように、動画を見て勉強しようが過去問を解いて勉強しようが、
実際にあなたが本試験を解けるようになればいいのです。

本番の試験で35点以上取れる頭になっていればいいわけです。

宅建の試験は、受験申込者が毎年20万人もいる人気の資格試験ですが、
その中には勉強もしないでなんとなく申し込んでみた人、
人気だからとりあえず持っておこう、と軽い気持ちで受けた人、
仕事でなかなか勉強できなかった人など、いろんな人がいてこの合格率です。

実際、私の受けた試験でも、試験中何をしていたのか、白紙で答案用紙を出した人もいました。
(受験はマークシート式です。)

マークシート式なので、問題がわからなくても最悪
4つの数字のマスを埋めていればいいわけなのですが、
「この人、一体何しに来たんだろう・・・?」と首をかしげる出来事でした。

それほどいろんな人がいるんです。

なので、合格率などの数字に惑わされずに、
コツコツと自分だけの「問題を解く力」を強めていきましょう。

宅建の試験は1問1問を確実に解くようにすれば、
あとはそれを50回繰り返すだけです。
(実際には35点以上で合格ですから、35回以上)

こういう考え方、少しでも楽になりませんか?

受験生に一番必要なのは
問題を解く力、自信だと思います。

不安で周りが見えない、あっちこっちに手を付けて結局ダメになってしまう、
なんてことにならないように、動画でもなんでもいいので
試験に対する不安を少しでも取り除いていきましょう。

宅建のほかの講師の方の動画はこちら!
宅建合格には「宅建みやざき塾」!【動画】

宅建合格には「スーパー合格講座」【動画】

スーパー合格講座の水野健さんの動画は、「なるほど!」と納得ができるものでした。
試験に対する不安が強い方は、
「合格する!」とズバッと決めてくれる講師の方の動画を見て、
モチベーションを上げていきましょう!

宅建みやざき塾の宮嵜晋也(みやざきしんや)さんの動画は、
とてもわかりやすく、詳しく紹介してくれているので、
受験生の強い味方になります。

合わせて、「高速大量回転」で宅建の過去問を解く動画もご覧になってみてください
宅建の過去問を「高速大量回転」で読む!合格する勉強法!【動画】
速読から発生した「高速大量回転」は
宅建の試験に合格できる読み方がぎゅっと詰まっています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

<スポンサードリンク>

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
宅建2015年の試験日はいつ?試験費用は?【画像】

宅建の試験勉強に建築基準法・都市計画法【動画】

(Visited 3,510 times, 1 visits today)